BLOG

スポンサーサイト

--.--.--   --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4戦富士、アクシデントを乗り越え20位完走

2015.08.10   18:32

こんばんは、一ツ山です。

週末は沢山の応援ありがとうございました。

Audi Team Hitotsuyama には

これまでで最多のお客様・ファンの方々が応援に駆け付けてくれました。

それ以外にもメッセージを多数頂いたりと

多くの方々が応援してくれていることを実感させられる中での1戦となりました。


そんな中開催されたSUPER GT 第4戦、

結果はレース前半のアクシデントによりクラス20位完走と

目標からは程遠い結果に終わりました。

ですが、その一方で非常に内容の濃い、

チームの粘り強さを見ることができるレースでもありました。

15081001


今回は事前に厳しいレースになることを予想していましたが

その予想通り、練習走行・公式予選ともに下位に。

公式予選は今シーズンワーストのクラス18位。

15081002


それでもレースペースには自信があったので、入賞を目標に決勝レースに臨みました。

オープニングラップのアクシデントを上手く交わしたリチャードは16位に。

その後も混戦の中、レース序盤に14位までポジションアップを果たしました。

チームは混戦を避けるために早めにピットインを済ませ、

ニュータイヤで上位を狙う戦略を採りました。

15081003


15081004


しかし、ピットインを予定していた20周目、

他車との接触により左リアサスペンションを破損、さらにタイヤもバースト。

なんとかピットまでマシンを戻すことができたため、

破損個所を短時間で修復し、藤井が再度コースインをしました。

この時点で既にクラストップとの差は数周と厳しいものでしたが

ドライバー・チームスタッフともに最終ラップまでレースを諦めず

一時は25位まで下げていたポジションを20位まで挽回し完走を果たしました。

常に極限状態で接近戦を繰り広げているレースにアクシデントは付き物。

こればかりは仕方がないことです。

レース後に接触した相手側のチームの監督・ドライバーもピットまできてくれ、

とてもプロフェッショナルなチームだと感じました。

残念な結果ではありますが、順位からだけでは見ることのできない、

チームの粘り強さ、そしてレースの醍醐味を感じさせられた1戦となりました。



次戦鈴鹿1000kmへ向けてチームのモチベーションはさらに高まっています。

傷ついたマシンをしっかりと直し、鈴鹿では今シーズン最高の結果を目指していきます。

引き続き、応援宜しくお願い致します!


15081005

15081006

15081007

photo by Michinao Ishibashi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。