BLOG

スポンサーサイト

--.--.--   --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴鹿1000km !!

2014.08.28   10:50

おはようございます。

一ツ山です。

今週末はいよいよ鈴鹿1000kmですね。

チームは本日積込み作業を行い、明日早朝、鈴鹿に向けて出発します。



リチャードは先ほど東京に到着(機材の問題で16時間も機内に閉じ込められたとのこと・・)、

藤井もFSWでの仕事を終えてから鈴鹿に移動、

そしてクリストファーも昨晩名古屋に到着しています。


鈴鹿1000kmに向けて、BoPも変更され、

52.3mmの大きなリストリクターが付けられることに!


それから、もう1点。

ヨーロッパで常にトップ争いをしている R8 がなぜ日本で遅いのか。

これまではBoPの微妙な違い、開発タイヤを使用するSUPER GTの特異性、

日本の細かなコンディションの違い等が理由に挙げられていましたが、

Audi Sportもこの状況をさすがに疑問に感じ始め、

マシン個体差の問題も視野に入れ

第5戦富士からAudi Sport主導で徹底的にマシンの調査が始まりました。

Audi Sportによる指示のもと、GTAに許可を頂き、

このインターバルの間に3度のテスト走行を行いました。

14082801
<FSW P15駐車場にて>

テスト走行後にデータをドイツ本国に送信、

翌日には次の指示をもらい、再びテストを行うという、

スケジュールやパーツのデリバリーの面でも

綱渡り状態のインターバルでした。

Audi Sportにとっても世界中で100台以上走らせている R8 で初めての現象らしく、

なかなか悪さをしている虫を見つけることが出来ませんでしたが、

3度目のテストでやっと、正常範囲内の数値を得ることができました。

14082803


14082802
<民間の滑走路にて。 Ms.ultra is about to take off..??>

結果的に、このインターバルの3度のテストで、

エキゾーストからエンジン回りのハーネス、

ECU、各種センサー類のほとんどが新品になりました。

この数値が正常範囲内になったことで、

パワー的にもヨーロッパの R8 と同じように

ストレートでライバル勢をオーバーテイクするほどのパワーを得られているのかというと、

それはまた別の要素があって

そう簡単ではないと感じている部分もありますが、

とにかく正しい方向に進んでいるし、進歩しているはず!



ル・マン24時間、ニュルブルクリンク24時間、そしてスパ24時間と

3つの大きな耐久レースを制覇したことからも

Audi が耐久レースに強いことは間違いありません。

鈴鹿では必ず良い結果を残します!

応援宜しくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。